お宮参り絵馬

人生儀礼について

人生の節目でのご参拝のご案内

 

 人生には様々な節目があります。古くより日本人は人生の節目に神社へお参りし、神さまへの感謝と祈りを捧げてきました。人生の節目や大切な時期には特に神社へお参りしてください。

 年齢は数え年(生まれた時を1歳とし、正月を迎える毎に1歳を加える我が国に古くより伝わる年齢の数え方)で行います。数え年は、誕生日より前は満年齢に2歳を加え、誕生日以降は満年齢に1歳を加えて算出してください。都合により満年齢でもお参りいただけます。人生儀礼のご質問、祈願・おはらいのお申し込みは社務所までご連絡下さい。
 

令和3年 人生儀礼

七 五 三
髪 置
(かみおき)
男女児 3歳
令和元年生
紐 解
(ひもとき)
男女児 4歳
平成30年生
袴 着
(はかまぎ)
男児 5歳
平成29年生
帯なおし
(おびなおし)
女児 7歳
平成27年生

 

厄 年 (男 性)
前 厄 本 厄 後 厄
24歳
平成10年生
5歳
平成9年生
26歳
平成8年生
41歳
昭和56年生
42歳
昭和55年生
43歳
昭和54年生
60歳
昭和37年生
61歳
昭和36年生
63歳
昭和35年生
                       男性の厄入は昭和56年生、厄晴は昭和55年生です 
厄 年 (女 性)
前 厄 本 厄 後 厄
18歳
平成16年生
19歳
平成15年生
20歳
平成14年生
32歳
平成2年生
33歳
平成元年生
34歳
昭和63年生
36歳
昭和61年生
37歳
昭和60年生
38歳
昭和59年生
 
長 寿 祝
還暦
(かんれき)
61歳 昭和36年生
古稀
(こき)
70歳 昭和27年生
喜寿
(きじゅ) 
77歳 昭和20年生
傘寿
(さんじゅ) 
80歳 昭和17年生
米寿
(べいじゅ)
88歳 昭和9年生
卒寿
(そつじゅ) 
90歳 昭和7年生
白寿
(はくじゅ) 
99歳 大正12年生
百寿
(ひゃくじゅ)
100歳 大正11年生

令和4年 人生儀礼

七 五 三
髪 置
(かみおき)
男女児 3歳
令和2年生
紐 解
(ひもとき)
男女児 4歳
令和元年生
袴 着
(はかまぎ)
男児 5歳
平成30年生
帯なおし
(おびなおし)
女児 7歳
平成28年生

 

厄 年 (男 性)
前 厄 本 厄 後 厄
24歳
平成11年生
5歳
平成10年生
26歳
平成9年生
41歳
昭和57年生
42歳
昭和56年生
43歳
昭和55年生
60歳
昭和38年生
61歳
昭和37年生
63歳
昭和36年生
                       男性の厄入は昭和57年生、厄晴は昭和56年生です 
厄 年 (女 性)
前 厄 本 厄 後 厄
18歳
平成17年生
19歳
平成16年生
20歳
平成15年生
32歳
平成3年生
33歳
平成2年生
34歳
平成元年生
36歳
昭和62年生
37歳
昭和61年生
38歳
昭和60年生
 
長 寿 祝
還暦
(かんれき)
61歳 昭和37年生
古稀
(こき)
70歳 昭和28年生
喜寿
(きじゅ) 
77歳 昭和21年生
傘寿
(さんじゅ) 
80歳 昭和18年生
米寿
(べいじゅ)
88歳 昭和10年生
卒寿
(そつじゅ) 
90歳 昭和8年生
白寿
(はくじゅ) 
99歳 大正13年生
百寿
(ひゃくじゅ)
100歳 大正12年生

人生儀礼のご紹介

安産祈願

子を授かったことに感謝し、母子共に無事な誕生をご神前でお祈りします。犬が一度にたくさんの子どもを極めて安産で産むことから、戌の日にお参りする風習があります。

日明(初宮参り)

無事誕生したことを神さまに感謝し、今後の健康を見守って頂きますようお祈りします。

初節句

健やかな成長の願いとともに厄除けの意味があります。男の子は5月5日の「端午の節句」、女の子は3月3日の「桃の節句」です。

初誕生

初めての誕生日です。一生健康で円満に暮らせるよう丸い一升餅を担がせる風習もあります。

七五三

子供の年祝いをする風習に由来し、熊本では3歳の男女児の「髮置(かみおき)」、4歳の男女児の「紐解(ひもとき)」、5歳の男児の「袴着(はかまぎ)」、7歳の女児の「帯なおし」jを祝います。

十三参り

4月13日に、数え年13歳(生まれ年の干支が巡る年)の男女が、元服を迎えたことに感謝し、知恵と健康を授けて頂くために、親子で神社にお参りします。

入園・入学・卒園・卒業祝い

成長していく過程で、入学・受験・卒業なども人生の中で大きな転換期です。神さまにお参りをし、今後の無事とさらなる成長を祈願します。

成人祝い

無事に大人になったことをご神前に奉告します。大人としての行動や考えを自覚する大切な節目です。

厄年

厄年の年齢は、古くより人の一生の中で、体力的・家庭環境的、あるいは社会的にそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれており、神社でおはらいを行います。

還暦(かんれき)

生まれた年と同じ十干十二支が61年目に巡ってくることから「本卦還り(ほんけがえり)」とも言います。赤ん坊に生まれ変わったと考え、人生の再出発として、今後の健康長寿を祈ります。

古稀(こき)

「人生七十古来稀(まれ)なり」という中国の詩人杜甫の曲江詩から出ています。

喜寿(きじゅ)

喜という字の草書体が七十七と読めることからきています。

傘寿(さんじゅ)

傘の略字が八十に似ていることから80歳の祝いを言うようになりました。

米寿(べいじゅ)

八十八を組み合わせると米という字になることからきています。

卒寿(そつじゅ)

卒の略字が九十に似ていることから90歳の祝いを言うようになりました。

白寿(はくじゅ)

百の字から一を取ると白となるからです。また、めでたい百寿(100歳)の前祝いとしても99歳を祝います。

百寿(ひゃくじゅ)

100歳を迎えたお祝いをいいます。「ひゃくじゅ」や「ももじゅ」と読みます。